So-net無料ブログ作成

最近リピートした本 [読書]

オフ明けの日曜日、夕方に起床してから一気に読みました。
 
「よど号」事件三十年目の真実―対策本部事務局長の回想

「よど号」事件三十年目の真実―対策本部事務局長の回想

  • 作者: 島田 滋敏
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: 単行本
 
 
発売されてすぐ購入して、読み返すのはもう5,6回目になるでしょうか。
 
数年前ですが、府中の三億円事件、東大安田講堂、あさま山荘、JAL123便等、昭和を代表する事件・事故の本を集中的に読んだ時期がありました。この本はその時の名残です。
 
著者の島田滋敏さんは日航の現地対策本部メンバーとして金浦空港へ飛ばれた方で、犯人と韓国・日本政府とのやりとりを無線で全てモニターしていたそうです。そのため、主観があまり入らずに事実だけが書かれていて、かえって臨場感があります。著者しか知りえない事実も明らかにされています。
 
この当時の島田さんは今の私とほとんど同じ年齢。
そんな歳で、2国間どころか4国間ぐらいにまたがる国際問題(もはや日航だけの問題ではなかった)の事務局長を背負い、さらに全乗客の生命をも預かるなんて、今の私にはとても無理・・・
 
ドキュメント物がお好きな方には結構読み応えがあると思います。
おススメの1冊です。

nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 8

isikoji(嫁)

ドキュメントものってあまり読まないんですよね。
でもそんなに読み返すほど面白いなら、手をだしてみようかな。
かなり気に入った作品じゃないと、繰り返し読むなんてことしないですもんね。(私の場合、お気に入りは家に残しますが、あとはブックオフ行きになります。)

でも、新たな分野に興味をもつとその分野を読みたおし始める傾向があるので、ちょっと怖い。いったいお金いくら掛かるんだよっていう意味で…。
同じ理由で、司馬遼太郎さんにも手を出せずにいる嫁でした。
by isikoji(嫁) (2006-11-08 07:28) 

mitsu

実はウチの密かなブームが、図書館に行く事だったりします♪
最近チビ子が本を読むのにハマっているみたいです。。
オイラは…読んでもエッセイぐらいですかね…(苦笑)
ちょっと重みのあるヤツ、読んでみようかな~~
by mitsu (2006-11-08 08:51) 

norakuro

ドキュメント物大好き~
世代的に“○○闘争!”とか“総括!”とか縁がないですが、予備校生時代によく読みましたね・・・
予備校の講師は安田講堂世代が多かったせいかもしれないけど。

よど号の関係者たち、目的は達せられたんでしょうかねぇ?
話はそれますが、重信房子の逮捕時の映像も印象的でした。

私も図書館通いが必要かも・・・猛烈に読みたくなってきた(^^;)
by norakuro (2006-11-08 09:11) 

Akisan

>嫁氏
記事にも書きましたが、この本はひたすら事実のみを書いてあるのですが、「事実は小説より奇なり」とはこの本にピッタリのフレーズと思いました。なので引っ越ししたときに実家に残さず新居へ持ってきたのです。
もしブックオフで見つけたらめくって見てください。
司馬遼太郎は奥が深そうで、これからじっくり時間をかけていきたいですね。

>mitsuさん
図書館!!大学の卒論以来行ってないですね・・・
チビ子ちゃんぐらいの年齢から本に親しむってのはいいことですよね!
どんなのが好きなんだろう?
エッセイは私も好きですよ。一時期さくらももこにハマってました(笑)

>nora姉さん
お、姉さんはドキュメント好きですか。
昭和40年代に起きた事件って、今じゃ考えられないようなことが多かったと思います。
>よど号の関係者たち、目的は達せられたんでしょうかねぇ?
う~ん、帰国を望んでいる時点でやはり達せられてないんでしょうかね。
もちろん、あの事件を肯定なんて絶対しませんが、今の学生には(我々の頃も含めて)ああいうパワーはないでしょうね・・・彼らには何が見えていたんでしょうか。
良かったら読んでみてくださいね。
by Akisan (2006-11-08 15:50) 

norakuro

そうですね、パワーのかけらもありませんね。
私たちの学生時代、ノンポリって言葉すら既に死語でしたからね。
そもそも、自分たちの行動によって国が変えられる!なんて思うことはなく、「どうせ私一人思ったって無理無理」という雰囲気がありましたから・・・今はさらに輪をかけてそんな時代に?

昭和40年代前半、たぶん日本はまだまだ「戦後」だったんですよ。
「もはや戦後ではない」と口では言っても、急速に国が成長し始めたはいいけど心がついていかなかったのかな。
なんてちょっとまじめに考えてみたりして。やっぱり読んでみよ~っと。
by norakuro (2006-11-08 16:28) 

Akisan

>nora姉さん
ノンポリって言ったら、下手すりゃ周り全員ノンポリでしたもんね(笑)
ベクトルさえ間違っていなければ、そういうパワーって大事なのかもしれませんね。
>昭和40年代前半、たぶん日本はまだまだ「戦後」だったんですよ。
そうなんでしょうね。そういう意味では日本はどうにでも変わっていけた時代だったのかもしれませんね。
彼らが望んだ「武力による革命」が万が一成功していたら、今我々はこんなことやってられなかったでしょうし。
良かったらお貸しします。反省会に持ってきましょうか。
by Akisan (2006-11-08 17:41) 

norakuro

反省会に持ってきてね~
よろしく!

「武力による革命」が成功していたら・・・今頃「偉大なる将軍様~」って喜び組にでも入っていたのかしらん?アヒャヒャ
およびでない????
by norakuro (2006-11-08 20:36) 

Akisan

>nora姉さん
了解です!
>喜び組にでも入っていたのかしらん?
我々、ある意味喜び組みたいなものだし(笑)
by Akisan (2006-11-09 10:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。