So-net無料ブログ作成
検索選択

最近読んでいる本 [読書]

今日は非常に私らしくないネタを。

4年前ぐらいでしょうか、北方謙三氏の「三国志」全12巻を読みきって以来、
どうも長編小説には手が出なかった私。
本当は「グインサーガ」でも行きたいところですが、さすがに100巻読むのは大変・・・
何かお手ごろなのはないかしらん、と本屋で探していたところ、ちょうど面白そうなのがあったので
ちょっと読み始めてみました。

坂の上の雲〈1〉

坂の上の雲〈1〉

司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」全8巻。
幕末から日清~日露戦争における実在の人物の人間模様が描かれております。
・・・と言っても、実はやっと3巻に突入したところですが。

今まで、日本史系の小説は読んだことがありませんでした。
大学受験で世界史を選択したこともあって、どうも世界史、特に三国志に偏っていたのですが、
日本史はやはり身近ですから入りやすいですね。食わず嫌いだったことが良く分かりました。

残りはあと5巻。しばらくは他の小説に手を出すのをやめます(笑)


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 8

へとへと

う~ん確かにらしくないね。
おおっテンプレートデザイン変更ですか!?
これは自作なのかな?
by へとへと (2006-02-07 14:42) 

Akisan

>へとへとさま
実はオイラは読書好きですからね。
生きているうちに何冊本が読めるかなぁ、と考えたりします。
ま、おニャン○クラブの写真集は持ってないけどね(笑)

テンプレートはso-netの既存品です。
旅っぽくてちょっといいでしょ?
by Akisan (2006-02-07 14:48) 

大仏

グインサーガって懐かしい~。
中学生の頃、読んでましたよ。20巻くらいまで。。。
今ブックオフで100円で売ってますな~。読んじゃおかしら?
ちなみにワタスが今読んでるのは佐々淳行の東大落城。。。
by 大仏 (2006-02-07 14:49) 

Akisan

>大仏さま
佐々淳行のドキュメントは面白いね~!!!
東大落城とあさま山荘、あと目黒警察署の巡査の話は読みました。
グインサーガの第一巻は、たぶんオイラが小学校1年ぐらいのころに出てるんだよね・・・誰でも一度は通る道ですな。
by Akisan (2006-02-07 14:53) 

南洋ボケ

ご無沙汰してます。
読書嫌いなオイラが、凡そ5回は読んだ本です。
この本の影響で、30才を過ぎても、いまだに坂の上の青い天に浮かぶ白い雲をだけをみて坂を登っている始末です。
ところで、グインサーガって何?日本で流行ってるの?
by 南洋ボケ (2006-02-07 22:07) 

gop

司馬遼太郎、良いですね、「街道を行く」のファンです。
日本各地回るとその手の場所には石碑があったり。
「翔ぶが如く」も良いですね。

私は山本周五郎、池波正太郎が好きで揃えてます。
あと山口瞳の旅行記とか、通勤途中に読んでます。
by gop (2006-02-08 08:42) 

Akisan

>南洋ボケさん
おお、お久しぶりですな。最近コメントがないので、
変な病気にかかっちゃったのかと思っていました(笑)
お元気そうで何よりです。

キミもこれを読んでましたか。
5回リピートしてるってことは、キミなりに何か感じることがあったんでしょう。
この先の展開が楽しみでございます。

ちなみに・・・グインサーガって、流行っているとは言わないなぁ。
栗本薫氏の長編SF系小説です。全100巻で終わると告知されていたのに、
結局終わらずにまだ続くようです。第一巻刊行から20数年たってますね。
中学~高校ぐらいの時に読んでる友達っていなかった?

>gopさん
情けないことに、司馬遼太郎は初挑戦なんです。
記事にも書きましたが、日本史にあまり興味が湧かなくて、
そうなると自動的に司馬遼太郎が外れてしまっていたので・・・
次は「街道を行く」にチャレンジしたいと思っています。

山本周五郎は、「青べか物語」を高校生ぐらいのころに読んだぐらいですね。私は食わず嫌いでかなり偏る傾向があるので、ぜひ良い本を教えてください。
by Akisan (2006-02-08 10:31) 

fit1208

司馬遼太郎ですか?私も好きです。私は「竜馬が行く」を読みましたが、あっという間に読みきりました。また読みたいと思ってます。坂の上の雲もおもしろい、って聞いてます。Akisanが読み終わったら、貸してください!
by fit1208 (2006-02-10 23:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。