So-net無料ブログ作成
検索選択

緊急取材!SUBARU IMPREZA S203 [SUBARU]

ついに取材することができました!

昨年の12月、555台限定で発売されたインプレッサS203。
税込460万という超高価格であるにもかかわらず見事に売り切れたスペシャルマシンです。
その台数ゆえ、都内近郊でもめったに見ることはありませんが、
今日、そのレア車が私の目の前に・・・
しかも!某オーナー氏のご好意で何と私にステアリングを預けてくださったのです。
こんなチャンスはめったにあるものではありません。

「究極のインプレッサ」S203。
既に暗くなってしまったので限界ショットです。

フロントグリルに輝く「S203」エンブレム。

リップスポイラーはドライカーボン製。量産車に使うにはいろいろな意味で難しい素材ですが、
S203だからこそ許される贅沢。

専用リヤスポイラーは翼端板を上から落とす形状。

迎角は2段階調整式。(ピンボケ失礼)

タイヤはP-ZERO CORSA(235/40ZR18)。ブレンボは基準車(WRX STI)の流用のようです。

インパネに大きな変更点はありません。リバースギヤへはリングを引き上げてシフトします。
何とバックブザーが鳴るんですね。知らなかった・・・

これまたスペシャルなシート。ドライカーボンシェルのフルバケのレカロですがリクライニング付!

専用シートレールはSTI/RECAROのダブルネーム品です。

さて、いよいよチョイ乗りですが・・・
何しろ300PSオーバーの実力、さらに人様の車ですので、3500rpm以下に自主規制・・・
そんなのでこの車の実力など分かるわけはありません。
ですので、街乗りベースの「お買い物カー」としての印象を。

まずびっくりしたのは乗り心地の良さ。私のE46よりも、また以前所有していたGC8のD型よりも
明らかに乗り心地はいいです。いわゆる「チューニングカー」のガチガチな乗り心地を想像しているといきなり肩透かしをくらいます。
実はこれが「Sシリーズ」の目指すところなんだそうです。

エンジンはお決まりの水平対向EJ20。シリンダーヘッドが真横に向くというレイアウトの関係で
どうしてもショートストローク(=低速トルクが厳しい)にならざるを得ませんが、この車は車重が
軽いためほとんど気になりません。溢れる、とは言いませんが十分以上です。
そして・・・今日一番困ったのは3000rpm前後のパワー感というかトルク感。
過給が始まって一気に吹きぬけようとするエンジン・・・
「Come on!!」とエンジンが訴えかけて来るのです。
これは理性と戦うのが大変でした。どれだけ踏み抜きたかったことか・・・
オーナーさんも「踏めたら踏んでいいよ」と言ってくださったのですが。
ちなみに、一度だけ全開のチャンスがあったのですが、3500rpmまで回したところで
アクセルを戻してしまいました。この時は理性というより、もう加速に目が追いつかないのです。
8年前、インプレッサに慣れていた頃なら踏めたかもしれませんが、
E46の緩慢な加速に慣れてしまった私には準備運動なしではもはや無理・・・

シートはすばらしいですね。ショルダーで上半身がガッチリ固定されるので、
ハードなコーナーでは効きそうです。でも、姿勢を崩すことを許してくれないので、
助手席の彼女からはちょっとご不満の声が出るかもしれませんね。

オーナーさんとも話していたのですが、今日久しぶりにインプレッサに乗ってみて・・・
蘇ってきたのは私が所有していたGCインプレッサでした。
シートに座って、ステアリングを握って、クラッチミートして走り出した感じ。
軽く回転をあわせてシフトダウンする感じ。くくりつけられるようなシート・・・
インプレッサに乗るのは6年振りでしたが、まったく違和感がないのです。
私の体にはスバルのMT車が完全に染み付いて抜けないんですね。
これが分かったことは私にとってすごくうれしいことでもありました。

この320PSのインプレッサを所有して、近所のスーパーに大根を買いに行く。
S203には決してふさわしい使い方ではありませんが、私ならそう使いたいと思います。

そして、さらっと言ってみたいのです。
「これはお買い物カーだからね」と。

最後になりましたが、貴重な「ブログネタ」を与えてくださった某氏に厚く御礼申し上げます。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 5

へとへと

そうかいそうかい。それは貴重な体験をされましたな。
乗り心地が良いというのはE46と比較しているからじゃないのかな?
スペック見ても「乗り心地がよい」という剛性じゃないぞきっと。
S204が既に発表されておりS203に比べエンジンはトルクフルらしい
ので是非乗ってみたいですね~。
by へとへと (2005-12-26 12:26) 

館長

akisanのGCインプレッサ、私も三田から北品川までの第一京浜で体験させてもらいましたね 9年前に。それまで乗っていた1600ccのビートルと比べると、ダックスホンダST70とCB750くらいのパワー差を感じました。
これが同じ水平対向のエンジンかと・・・
次は次期アルシオーネのワゴンボディーで決まりですかねakisanの場合。
by 館長 (2005-12-26 22:27) 

Akisan

>へとへとさま
乗り心地(ここではアシのしなやかさ)はインプレッサのほうが良かったよ。
インプレッサ=ガチガチというのは普通のSTIのことですね。
S204もいつか乗れるといいなぁ、と思っております。

>館長さま
アルシオーネのワゴンボディは今から10数年前のモーターショーで具現化
されていますよ。その名を「アマデウス」と言います。
アマデウスは市販されるという噂もありながら、結局かないませんでしたが、
非常に洋々としたデザインだったことを覚えております。
by Akisan (2005-12-27 12:43) 

お久し振りです・・・(^^;;; やっと、平和な生活に戻ってきました。

S203&204いいですよね~♪ 開発者のインタビューなどでは、メルセデスのA
MGやBMWのMのようなモノを目指して・・・みたいなことが書かれていますね。

ハナシは変わりますが、今日、ベストモー○リングの最新号を見て、時期NSXがすご~く欲しくなってしまいました・・・(^^)
by (2005-12-31 02:14) 

Akisan

>Maxさま
こんばんは!
Sシリーズはアルピナでもありたいみたいですよ。
だからアシが若干ソフトなんだという理解も可能ですね。

NSXはへとへと氏も昔から欲しがっております。
ちなみにへとへと氏、さっきからそこで紅白見ながら酒飲んでますけどね(笑)
by Akisan (2005-12-31 20:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。